新釈・剣の街の異邦人 ~黒の宮殿~

クク&リリ

自らの意思か何かの呪縛か、2匹一緒に行動する小魔族。一度に2回行動してくるため、侮ってはいけない。

アステリオス

古からの生き残りであるタロスの中でも、特に巨大な肉体を誇る種。見た目にそぐわず、両手の武器を巧みに使いこなす器用さを持っている。

ゴールドジェネラル

血統種として覚醒した王宮騎士団の魔導騎士。あらゆる面で一般の甲冑兵を凌駕する力を持ち、あるアイテムを所持する者を無差別に攻撃する。

タ・ダトキ

廃者の谷で暗躍する一団の頭目。その凄まじい剣技は人間業ではない。もはや人間ではなく、“血統種”として覚醒している。

フレイム&アイス

炎と水、相反する力を魔力で融合した奇形の精霊。融合には莫大な魔力が必要とされ、そのせいで太古の遺物1つ分の魔力が枯渇した。

リスリマ

何者かの魔力で生まれた人魚。食欲以外の欲求はないが、自らを生み出した魔力を感じると、懐かしいのか寄っていく習性がある。

ブラックバロン

動力に特殊なミスリル鉱を使ったメデル家当主自慢の試作機。実験中に暴走し、血統種として覚醒してしまった。

カロンズベッセル

かつて空飛ぶ城に辛酸を舐めさせられた亡者が、復讐のため作り出した船。魔力で動く船であるが、どちらかというと怖いのは大砲である。

ル’ロワラパン

数多の騎士団を返り討ちにし、その血をすすって膨大な魔力を得たウサギ。人間の首を落とすウサギとして、異邦の文献にまでその名を轟かせている。

デュオバロック

攻守両面を司る2体のスプリガンを融合して作られた究極の魔法兵器。あらゆる耐性を備えており、隙らしい隙が見当たらない強敵である。

レインボー

長い年月を生き抜いて来た蜘蛛の女王。狩りのための毒の攻撃はもちろん、闇の血族としてオーマの波動すらも自在に操る。

ガイゼル

首を斬られ不死者として蘇ったグレーターデーモン。狂気に支配されており、4本の腕で操るハルバードで獲物の首を落とすまで追い続ける。